レビトラの塗るタイプで全盛期の精力復活を果たす

ED治療薬は、飲むタイプの薬が多い傾向があります。しかしレビトラは飲むタイプに加え、塗るタイプで精力復活が見込める薬となっています。
塗るタイプのレビトラは、精力復活だけでなく陰茎の大きさをアップさせる効果も期待できます。精力だけでなく、大きさに不満がある患者にとってもメリットがある薬となります。
この薬は、クリームもしくはジェル状の状態で販売されています。使う場合は、これを先端部分から男性器全体にまんべんなく塗り広げて使います。
塗る際に、マッサージで性的な刺激を与える必要はありません。マスターベーションや性的な興奮を与えなくては効き目が出ないということはないので、普通に外用薬を塗るだけで十分です。
塗布後は皮膚から成分が素早く吸収されていきます。その後早ければ1分程度で男性器が勃起しはじめ、ほどなく性交可能な状態になります。
このタイプの薬は局部に直接使用するため、その分飲み薬のような待ち時間がなく即効で効き目があらわれるという良さがあります。事前に飲み薬を服用する時間がないなど、その場ですぐ使用可能な状態にしたい時などに便利な薬といえます。
塗るタイプのレビトラによって精力復活が可能になりますが、性欲が高まるといった媚薬的な効果はみられないのが普通です。そのため薬を塗るのとは別に、性的刺激を加えて興奮を高める必要がでてきます。
この薬をはじめて使う場合は、本番の性交の前にマスターベーションで効果を確認してみることを勧めます。その際に性交可能な硬さを実現できるか、あるいは持続力を維持できるかをチェックしておくと、本番でも安心して使用できます。
ED治療薬によっては体質に合わず副作用が出たり、思ったような効果がみられないということもありえます。それを確認するためにも、事前のチェックは是非しておく必要があるといえるでしょう。